カジュアルに穿かない、おしゃれな人のデニムコーデ
カジュアルに穿かない、おしゃれな人のデニムコーデ




デニムといえばカジュアルに穿くアイテムのイメージが強いと思いますが、
トップスの合わせ方やスタイリングによっては、上品できれいめにまとめることも可能です。

デニムの穿きやすさや動きやすさはそのままに、カジュアルに傾きすぎない大人のニュールックを楽しみませんか?

今回は、デニムのスタイリング幅を広げる、おしゃれなきれいめコーデ術をご紹介します。









コーデ術

おしゃれな人が実践している、
デニムのきれいめコーデ術








1


正統派ネイビーデニムをワンツーで






色落ちやダメージ加工などのないシンプルなネイビーデニムは、きれいめコーデにぴったりのアイテム。
コンパクトなスキニーデニムを選ぶのが着回し力を上げるポイント。
どんなトップスと合わせても上品にまとまりやすいので、1枚あると重宝するアイテムです。
ネイビーデニム自体がとても落ち着いた印象なので、スタイリング自体をシンプルにまとめるのが◎。
冬はニット×ネイビースキニーデニムのワンツーコーデがおすすめ。
ネイビーと相性のいいベージュを掛け合わせるスタイリングも、きれいめコーデにぴったり。
繊細なレーストップス×ネイビーデニムで、フォーマル過ぎない上品コーデが楽しめます。











2


丈長ロングトップスと合わせて
デニムらしさをダウン






今季注目の丈長ロングトップス。
トレンド感はさることながら、ウエストやヒップ周りなどの気になる部分をカバーするのにも◎。
今っぽいスタイリングでスタイルアップも同時に叶います。
そんなロングトップスと合わせたいのが、デニムパンツ。
タイツやレギンスなどを選びがちですが、あえてデニムを仕込むのがおしゃれ上級者のテクニック。
デニムをロングトップスの裾からチラ見せすることで、
カジュアル感が抑えられてキレイめな着こなしにブラッシュアップされます。











3


ブラックデニムでワントーン






流行りのワントーンコーデはスタイリングにまとまりがあるので、それだけで上品に見える大人女子の強い味方。
全身ブラックのワントーンコーデにデニムを落とし込むことで、カジュアルにならないデニムコーデが完成します。

もともとブラックデニムは、デニムパンツの中でもキレイめに分類できるアイテム。
色味を省いたオールブラックコーデに取り入れれば、クールな大人コーデに。

少し遊びを取り入れたいときには、オールブラックでも柄を取り入れたスタイリングに挑戦するのが◎。











4


足元は女っぷり高めのピンヒールで






デニムを上品にまとめ上げたいときに欠かせないテクニックといえるのが、
デニムパンツ×ピンヒールの組み合わせ。

たとえばデニム×Tシャツという超カジュアルなコーデでも、
足元にピンヒールを合わせるだけで一気にレディムードがアップ。
ピンヒールを履くと、自然と背筋が伸びてきちんと感が出るので、上品さも高まります。
ピンヒール選びのポイントは、なるべく華奢なものをチョイスすること。
太ヒールよりも細ヒール、ブラックカラーよりもニュアンスカラーなど、
より女性らしさを漂わせるものを選んで。











5


タイトなシルエットで
脱カジュアル






デニムといえばパンツルックが真っ先に思い浮かびますが、スカートを選ぶという選択も。
デニムスカートはカジュアルな印象が強いものの、タイトなデザインを選べばレディーモードがON。
気負わずさっぱりとした女性らしいスタイリングが楽しめます。
デニムスカートで程よくカジュアルダウンができるので、その他のアイテムは女性らしいもので飾ると◎。
センシュアルなムードを感じさせる深い赤のニットや、キュートなボアコートなど、
とことん女性らしいアイテムを纏うのがおすすめ。
もちろん足元は華奢なヒールを合わせて、上品さもプラスするのがポイント。












アウトドアやご近所へのお出かけなど、デイリーシーンで穿くことの多いデニムですが、
スタイリング次第では特別な日の装いでも活躍してくれます。
ポイントになるのは、デニム以外のところで上品さと女性らしさをひとさじプラスすること。
カジュアルなデニムにエレガントな要素を上乗せしてあげるのが、きれいめコーデの要です。
マンネリしがちなデニムコーデこそ、着こなしの幅を広げておしゃれを楽しみましょう。



















カジュアルコーデ代表アイテムといえる“デニム”。スタイリングの仕方によってはキレイめにも穿けることをご存知でしょうか? 女性らしさや大人っぽさをプラスして、デニムの着こなしの幅を広げましょう。カジュアルに穿かないおしゃれなデニムコーデをご紹介します。