大人のカジュアル服には、少しのモードを効かせるのが正解!
大人のカジュアル服には、少しのモードを効かせるのが正解!




週末や夏休みなど、プライベートの時間はカジュアルな服に身を包んでリラックスしたいもの。

しかし、あまりにカジュアルすぎると、手抜きに見えたり子どもっぽくなったりしてしまうことも……。

大人のカジュアル服をおしゃれに見せるためには、カジュアルの中に少しのモード感を取り入れるのが正解。

カジュアル×モードのスタイリング術をマスターして、こなれたカジュアルコーデを楽しみましょう。










カジュアル服には、ボトムでひとさじのモードをオン


カジュアル服の代表といえば、やはりデニムは欠かせません。
「着やすい」「動きやすい」「洗濯しやすい」と、いいところだらけのアイテムです。しかし、むやみやたらにデニムばかりに頼ってしまうのはNG。コーデがマンネリ化しやすくなってしまいます。せっかくなら、デニムを封印してワンランク上のカジュアルコーデを楽しみませんか?いつものデニムを別のボトムに変えるだけで、スタイリングの幅が一気に広がります。普段の装いに新鮮さをプラスするためにも、今ゲットしておきたいちょっぴりモードなボトムをcheck。











1. ひとクセありのサスペンダー付きボトム



Fashion Magazine vol.70
Fashion Magazine vol.70


いつものコーデに新鮮味をプラスしてくれるのが、サスペンダー付きのボトムです。
サスペンダー付きのボトムはおしゃれな人々から注目を集めているアイテム。
みんなと同じのファッションじゃ物足りない、というおしゃれ意識の高い人がこぞって取り入れているんです。
トップスはいつものアイテムで、ボトムをサスペンダー付きに変えるだけでOK。一気に旬のスタイリングに仕上がります。








2. テーパードパンツを休日にも



Fashion Magazine vol.70
Fashion Magazine vol.70


オフィスカジュアル服に欠かせないテーパードパンツ。仕事の日限定のビジネス専用アイテムだと思ったら大間違い。
ラフなTシャツやノースリトップスと合わせれば、休日のカジュアルコーデの昇格役として活躍してくれます。
クローゼットのミニマム化がトレンドになっている昨今、オンオフ問わずに使えるアイテムは利便性が◎。
タイムレスに活躍してくれるテーパードパンツは、デザイン違い、カラー違いでいくつか持っておくのが正解。









カジュアル服のデザイン・素材はそのままに、色でモードを取り入れる


カジュアルな服にモード感をプラスするのなら、色に注目をするのが◎。デザインや素材は洋服選びの大きな決め手になりますが、スタイリングの印象を左右するのは色合いです。白はさわやか、黒はクール、ピンクはキュートなど、色の印象ってすごく大事。
色でモード感を取り入れたうえで、デザインや素材で遊びを取り入れれば簡単にカジュアル×モードのコーディネートが完成します。色の合わせ方や使い方など、カジュアルモードのコーデ術をcheck!













3. モードの王道、モノトーンをカジュアルダウン



Fashion Magazine vol.70
Fashion Magazine vol.70


モードといえば欠かせないのが、ブラック×ホワイトで作るモノトーンコーデ。
シンプルな色合いでまとめたコーデは、洗練された印象を作ってくれます。
そんなモノトーンをカジュアルスタイルに取り入れれば、日常に溶け込みやすい着こなしに。
トップスとボトムをブラック×ホワイトにするもよし、オールブラックコーデの指し色にホワイトを使うもよし。
モノトーンコーデと言っても、いろいろな着こなしパターンが作れます。
色で落ち着きを取り入れる分、アイテム自体はカジュアルなものを選ぶのがポイント。











4. オールシーズン使えるカーキを味方に



Fashion Magazine vol.70
Fashion Magazine vol.70


どんな色とも相性がよく、季節を問わずに身に着けられるカーキカラー。
色味がとても落ち着いていてほどよく渋さがあるので、カジュアルとモードのつなぎ役にぴったり。
シャツやボトム、小物など、幅広く取り入れて。
中でも、特におすすめなのが、カーキのワンピース。
1枚でさらりと着れるワンピースは休日コーデの主役に。
カーキカラーのアイテムを選べば、カジュアルになりすぎることなく、とはいえ気張りすぎない“ちょうどいい”コーデに仕上がります。
大人のカジュアルコーデに最適です。










5. 流行りのニュアンスカラーでカジュアルモードに差を



Fashion Magazine vol.70
Fashion Magazine vol.70


今だからこそ取り入れておきたいのが、くすみ系のニュアンスカラーのコーディネート。
身に纏うだけで今っぽくなって、おしゃれさんのオーラが漂います。
Tシャツやワイドパンツなどのカジュアルなアイテムでも、ニュアンスカラーを選ぶだけでどこか上品な雰囲気に。
カジュアル×モードが簡単に実現できます。
ニュアンスカラーでワントーンコーデにまとめたり、パープルやブルーなどの思い切りカラーを合わせたり、色合いの組み合わせを楽しんで。

















いつものカジュアルコーデに少しのモード感をプラスすることで、ぐっと垢抜けたスタイリングに仕上がります。
とくに、夏の終わりから秋にかけての季節はおしゃれが楽しい季節です。
秋の雰囲気とモードスタイルはとてもマッチするので、季節の先取りにも◎。
週末のおしゃれをたくさん楽しんでいきましょう。


















大人がカジュアル服でコーデを組むときには、ちょっぴりモード感をプラスするのが正解。手抜きや子どもっぽく見えないよう、カジュアル×モードのスタイリング術をマスターしましょう。すぐにできるカジュアル×モードのコーデをご紹介します。