vol.227 / 2022.04.05


【2022年】ピンクコーデ24選!甘すぎない大人可愛い着こなしのポイントを解説





【2022年】ピンクコーデ24選!甘すぎない大人可愛い着こなしのポイントを解説





可愛くフェミニンな「ピンク」は、コーデに投入するだけで一気に華やぐ色。とはいえ大人女子にとっては「甘さが気になる」「子どもっぽく見えてしまうのでは?」など、案外着こなしに悩む色でもあります。



そこで今回は、ピンクコーデを大人っぽく上品に着こなすポイントを解説。さらに、大人可愛いコーデから甘くないコーデまで、さまざまなピンクコーデ例もご紹介します。
「ピンクコーデを大人っぽくおしゃれに楽しみたい!」という人は、要チェックですよ。












甘すぎず、大人可愛いピンクコーデの着こなしのポイント




甘さを控えたピンクコーデのポイントは、次の2つです。



・ピンクの色味や濃さで印象を変える

・くすみピンクや引き締めカラーとの組み合わせで甘さをオフ



甘く可愛らしい印象のピンクですが、その「色味」や「濃淡」は実にさまざま。



たとえば「桜の花びらのような淡いピンク」と「ビビッドなフューシャピンク」では、与える印象も大きく変わります。淡いピンクなら優しくフェミニンに。濃いピンクならモードでスタイリッシュな印象のコーデを作ることができます。



また可愛らしくなりすぎるのが苦手……という方は、くすみピンクを選ぶか、他のアイテムに“引き締めカラー”をチョイスして。甘い要素を程よくオフすれば、適度な華やかさがあり、好感度大なコーデに仕上がりますよ。





大人ピンクコーデ【トップス編】









やわらかな春カラーのピンクブラウスコーデ



咲き誇るチューリップのような明るいピンクが印象的なブラウスには、ライトベージュのマーメイドスカートを合わせて。ブラウスは配色パイピングがさりげないアクセントに。光沢の強すぎないマットな生地感、ゆるやかなドレープ感で、品良くフェミニンなピンクコーデが楽しめます。より甘さを抑えたいときは、ジャケット等のきちんとアウターを合わせても◎。




やわらかな春カラーのピンクブラウスコーデ ketty



配色パイピングブラウスを見る>



マーメイドスカートを見る>



ketty




ビビッドピンク×刺繍ブラウスの大人カジュアルコーデ



夏から秋にかけて活躍する半袖ブラウスは、刺繍デザインが着こなしのアクセントに。ビビッドで深みのあるピンクなので、甘さを感じず大人っぽい印象のコーデに仕上がります。ボトムスに黒のジョガーパンツを合わせれば、雰囲気の引き締め&程よく力の抜けたカジュアルスタイルに。さらに黒のパンプスで、大人要素をプラスして。




ビビッドピンク×刺繍ブラウスの大人カジュアルコーデ Droite lautreamont



レース刺繍ブラウスを見る>



Droite lautreamont






くすみサーモンピンクのブラウスが印象的なコーデ



ハリ感や光沢感が美しいブラウスは、くすんだサーモンピンクが大人っぽい印象。胸元の細かなピンタックや、ぽわんとした袖×カフスのメリハリあるシルエットも魅力です。くすみカラーのピンクトップスには、ニュアンスたっぷりなグレーのデニムが好相性。サンダルやメッシュバッグで涼しげな要素をプラスすれば、春夏にぴったりの軽やかなピンクコーデに。




くすみサーモンピンクのブラウスが印象的なコーデ Droite lautreamont



ピンタックブラウスを見る>



ストレッチブラックデニムを見る>



Droite lautreamont




シアーシャツでトレンド感たっぷりのピンクコーデに



ゆったりしたシルエットのシャツコーデは、シアーな素材×淡いピンクでより涼しげに。そのまま着るのはもちろん、袖をたくし上げてブラウジングしたり、襟を後ろに抜いて着たりすればよりこなれた印象の着こなしが楽しめます。ボトムスにはトレンドのホワイトショートパンツを合わせ、清涼感たっぷりに。ビタミンカラーのパンプスで、夏の日差しにぴったりな元気さを演出して。




シアーシャツでトレンド感たっぷりのピンクコーデに VICKY



シアーシャツを見る>



VICKY







ニットアンサンブル×パンツで大人のピンクコーデに



ピンクのVネックリブニット&カーディガンをアンサンブル風に着たコーデ。両方とも程よく体にフィットするシルエットなので、女性らしさやきちんと感も◎。ニットは程よく開きのあるVネック仕様で、デコルテや顔周りを綺麗に見せてくれるのもうれしいポイントです。ボトムスにグレーのテーパードパンツを合わせれば、オンオフ問わず楽しめる上品なスタイルに。




ニットアンサンブル×パンツで大人のピンクコーデに LAUTREAMONT



Vネックニットを見る>



Vネックニットカーディガンを見る>



テーパードパンツを見る>



LAUTREAMONT




ジャケットコーデはくすみピンクで大人可愛く



まろやかなくすみピンクが大人っぽいテーラードジャケットは、程よいゆとりのあるシルエットがトレンド感たっぷり。リネンライクな生地感で、季節を問わず着やすいのも魅力です。引き締めカラーのネイビーロングワンピースと合わせれば、ぼやけた印象になりません。黒のサンダルで仕上げ、落ち着きとメリハリのある大人のピンクコーデを満喫して。




ジャケットコーデはくすみピンクで大人可愛く Droite lautreamont



テーラードジャケットを見る>



ロングワンピースを見る>



Droite lautreamont





大人ピンクコーデ【パンツ編】









ベージュピンクのセットアップで特別な華やかさを



フォーマル感の強い上下セットアップコーデも、ニュアンスたっぷりのベージュピンクならやわらかで明るい印象に。トップスは裾からレースを出したデザインが華やかなアクセントに。パンツは揺れ感のある生地やワイドなシルエット、フロント部分に施したプリーツがエレガントな印象です。足元にベージュパンプスを合わせ、ワントーンにまとめて。




ベージュピンクのセットアップで特別な華やかさを LAUTREAMONT



裾レースブラウスを見る>



フロントプリーツパンツを見る>



LAUTREAMONT




大人のマリンコーデはフレッシュピンクがアクセント



マリンテイストの薄手ニットトップスに合わせたのは、フレッシュなピンクのパンツ。カジュアルになりがちなピンクパンツも、センタープレスや腰回りのタック仕様で上品に着こなせます。大人っぽくコーディネートしたいときは、ネイビーのパンプスでレディな雰囲気をオン。トップスの切り替え部分のカラーとリンクさせれば、華やかなのにまとまったコーデに。




大人のマリンコーデはフレッシュピンクがアクセント Viaggio Blu



センタープレスウエストゴムパンツを見る>



ボーダーニットカーディガンを見る>



Viaggio Blu







程よい甘さのデザインパンツで大人可愛いピンクコーデに



フェミニンな印象のペールピンクのパンツは、裾部分のタックデザインがポイント。取り外し可能なパールバーを付ければ、よりフェミニンなパンツコーデが楽しめます。白トップスで明るさをプラスしたら、透け感のあるシアーパーカーで印象を引き締めるのがポイント。甘さと大人っぽさのバランスが取れた、大人可愛いピンクコーデが完成します。




程よい甘さのデザインパンツで大人可愛いピンクコーデに QUEENS COURT



パールパーツ付パンツを見る>



QUEENS COURT




重ね着にはピンクのテーパードパンツできちんと感を



ニットとシャツの重ね着スタイルに、ピンクのテーパードパンツを合わせたピンクコーデ。カジュアルなアイテムのレイヤードスタイルも、テーパードパンツを合わせればきれいめな印象に。パンツはベージュ寄りのやわらかで控えめなピンクなので、可愛らしくなりすぎず、大人の女性でも着やすい色味です。白のサンダルを合わせて抜け感を演出して。




重ね着にはピンクのテーパードパンツできちんと感を LAUTREAMONT



ニットベストを見る>



ボリュームスリーブシャツを見る>



美脚テーパードカラーパンツを見る>



LAUTREAMONT







やわらかなワイドパンツのエレガントピンクコーデ



ボリューミィなシルエットが特徴のワイドパンツは、美しいドレープが楽しめる逸品。マットでさらりとした質感や、淡いピンクカラーが女性らしく品の良い印象を与えてくれます。上品な着こなしを楽しみたいときは、同じ質感のブラウスを合わせるのがおすすめ。全体を淡いカラートーンで統一し、軽やかなピンクコーデに仕上げて。




やわらかなワイドパンツのエレガントピンクコーデ LAUTREAMONT DE CLASSE



ワイドパンツを見る>



ブラウスを見る>



LAUTREAMONT DE CLASSE




光沢が美しいイージーパンツでモードなピンクコーデに



モードカジュアル派におすすめなのが、美しい光沢と偏光カラーが楽しめるイージーパンツを使ったピンクコーデ。パンツには角度によって色が変わるシャンブレー素材を使っていて、落ち感・ハリ感のバランスが絶妙。シルエットの美しさも魅力です。カジュアル寄りのスタイリングを楽しみたいときは、オーバーサイズのプルオーバーを合わせるのがおすすめ。




光沢が美しいイージーパンツでモードなピンクコーデに lautreamont BLEUBLANC



イージーパンツを見る>



オーバーサイズフードパーカーを見る>



lautreamont BLEUBLANC






大人ピンクコーデ【スカート編】









花びらのようなフレアスカートで上品ピンクコーデ



上品スタイルの定番アイテム・フレアスカートも、淡いピンクならよりフェミニンな雰囲気に。サーキュラータイプのスカートなので、360度美しいシルエットが楽しめます。太めのベルトラインがひそかなスタイルアップを叶えてくれるのも◎。スカート以外は黒でシンプルにまとめれば、オフィスにもぴったりなきちんとコーデに。




花びらのようなフレアスカートで上品ピンクコーデ ketty



美シルエットフレアスカートを見る>



ketty




ピンクの濃淡花柄スカートコーデで軽やかに



淡いピンクと濃いピンクで花柄を表現したスカートは、消しプリーツ加工やひざ下丈で品の良い印象。シンプルなブラウスと合わせれば、軽やかでフェミニンなピンクコーデが完成します。甘くなりすぎないようにしたいときは、足元にブラックパンプスを合わせるのがおすすめ。辛口要素をプラスすることで、大人っぽいフェミニンスタイルが楽しめます。




ピンクの濃淡花柄スカートコーデで軽やかに ketty



フローラルプリントプリーツスカートを見る>



ふんわり袖サテンブラウスを見る>



ketty







ニット×サーキュラースカートのピンクグラデコーデ



淡いピンクのトップスにやや濃いめピンクのサーキュラースカートを合わせたピンクコーデ。同じピンク同士でも、シンプルなアイテム同士なら可愛くなりすぎずに着られます。トップスに着たニットは5分袖や襟、タイトなシルエットが上品な雰囲気。スカートには落ち感のある生地を使用し、歩くたびにに美しく揺れるシルエットがエレガントです。




ニット×サーキュラースカートのピンクグラデコーデ QUEENS COURT



サーキュラースカートを見る>



襟プチパールニットを見る>



QUEENS COURT




青みピンクのミモレ丈スカートで大人カジュアルコーデ



同じピンクコーデでも、青みピンクならエッジの効いた大人カジュアルに。青みピンクの発色が美しいミモレスカートは、コットンナイロン仕立てでふんわりと広がるシルエットが可愛い。ネイビーのデザインブラウスをINして着れば、新鮮な大人カジュアルコーデが楽しめます。スカートが主役な分、小物はベーシックカラーでまとめてすっきり見せて。




青みピンクのミモレ丈スカートで大人カジュアルコーデ< Droite lautreamont



ミモレスカートを見る>



デザインブラウスを見る>



Droite lautreamont






デザインタイトスカート×ジャケットのきちんとピンクコーデ



大人っぽいくすみピンクやパイピングデザインが可愛いスカートも、タイトシルエットならぐっと大人っぽい印象に。サイドのベルトデザインがこなれた印象に見せてくれます。ネイビーのノーカラージャケットで印象を引き締めれば、バランスの絶妙な甘辛ピンクコーデが完成。仕上げにジャケットの色味をパンプスでリンクさせれば、まとまり感が出て◎。




デザインタイトスカート×ジャケットのきちんとピンクコーデ QUEENS COURT



配色パイピングスカートを見る>



ノーカラージャケットを見る>



パール付プルオーバーを見る>



QUEENS COURT




マーメイドスカートのセットアップで心躍るピンクコーデに



大人っぽい印象のロング丈マーメイドスカートも、やわらかなベビーピンクなら大人可愛い印象に。同素材のベストは、ラペル(襟)デザインやサイドスリットがこだわりポイント。セットアップで着ることで、こなれ感たっぷりに見せてくれます。かっちりしすぎないよう、インナーにはシアーなトップスをレイヤード。遊び心たっぷりなのに、上品なピンクコーデを楽しんで。




マーメイドスカートのセットアップで心躍るピンクコーデに VICKY



マーメイドスカートを見る>



スリットベストを見る>



シアーレイヤープルオーバーを見る>



VICKY






大人ピンクコーデ【ワンピース編】








チュニックのピンクコーデはパープルピンクがポイント



まだまだトレンドのビッグカラー&ハーフジップのトップスも、春夏シーズンはコットン素材へとブラッシュアップ。青みを帯びた淡いピンクカラーが大人っぽい印象です。ふっくらとした素材感や前後差のあるデザインが可愛く、スカートとの相性も◎。ボトムスにはグレーのスカートを合わせ、ニュアンスカラー同士の組み合わせにするのがおすすめ。




チュニックのピンクコーデはパープルピンクがポイント Droite lautreamont



マーメイドシルエットスカートを見る>



Droite lautreamont




ワンピースが主役!大人の華やかピンクコーデ



マットな素材感が上品なワンピースも、落ち着いたピンクで華やいだ印象に。程よくゆとりのあるマーメイドシルエットがスタイル良く見せてくれるのもうれしいポイントです。ベージュのトレンチをサッと羽織れば、文句のつけどころがない大人フェミニンスタイルが完成。より華やかに装いたいときは、スカーフ付きのピンクバッグで雰囲気を盛り上げてみて。




ワンピースが主役!大人の華やかピンクコーデ Viaggio Blu



マーメイドワンピースを見る>



トレンチコートを見る>



Viaggio Blu





サロペットワンピースで大人可愛いピンクコーデ



長め丈やストレートシルエットなど、大人っぽいディティールたっぷりのサロペットワンピースが主役のコーデ。定番カラーを選びがちなサロペットワンピースも、淡いシュガーピンクならこんなに新鮮!同じトーンの白トップスや、ベージュのざっくりカーデを合わせたら、やさしげなピンクコーデが完成します。小物も白で統一し、きれいめに仕上げて。




サロペットワンピースで大人可愛いピンクコーデ Droite lautreamont



サロペットワンピースを見る>



ザックリカーディガンを見る>



シアーレイヤープルオーバーを見る>



VICKY




1枚で着映え十分な、ワンピースのくすみピンクコーデ



くすんだピンクが大人っぽく、やわらかな雰囲気のワンピースを使ったピンクコーデ。ウエストのタックやベルトデザイン、袖口のパールが印象的で、1枚だけで様になるのが魅力。生地に適度なハリがあり上品な印象なので、フォーマルな場でも活躍してくれそう。よりエレガントに着こなしたいときは、クリーンで華奢な印象の小物を合わせてみて




1枚で着映え十分な、ワンピースのくすみピンクコーデ QUEENS COURT



ウエストタックパールワンピースを見る>



QUEENS COURT





さりげないピンクのポイント使いで軽やかなコーデに



「ピンクばかりのコーデは苦手……」という人は、ポイント使いでピンクコーデを楽しむのもアリ! やわらかなクリームカラーのワンピースには、チェック柄にピンクのニュアンスが。カシュクール風のデザインやフィット&フレアなシルエットも相まって、エレガントな着こなしが楽しめます。小物でピンクをプラスし、アクセント&印象の引き締め効果を狙って。




さりげないピンクのポイント使いで軽やかなコーデに Viaggio Blu



チェックカシュクール風ワンピースを見る>



≪Andrea Cardone≫Parmerato bucketを見る>



Viaggio Blu




ダイヤ柄タックが大人可愛いワンピースのピンクコーデ



リネン風の涼しげな素材を使ったワンピースは、胸元のダイヤ柄タックがきれいめ&華やかな印象。フレアシルエット&フリル袖で、気になる二の腕もほっそりと魅せてくれます。高めのウエストで上品見えやスタイルアップも叶うから、特別なお出かけにもおすすめ。ヒールシューズと合わせて、レディなピンクコーデを楽しんでみて。




ダイヤ柄タックが大人可愛いワンピースのピンクコーデ QUEENS COURT



ダイヤタックワンピースを見る>



QUEENS COURT






温かみややわらかさ、優しさを感じるピンクは、フェミニンなコーデをしたいときにぴったりな色。かっこいい着こなしをしたい時は、ビビッドなピンク色のパワーを借りるのもおすすめです。トップスやボトムス、ワンピースはもちろん、小物で取り入れてみるのも良い方法ですよ。



またピンクを大人っぽく着こなしたいなら、シンプルなデザインのアイテムを選ぶと失敗が少なくなります。この記事を参考に、ぜひ自分にぴったりなピンクコーデを見つけてみてくださいね。




















  • JLounge TOP


  • New Item


  • ランキング


  • マガジン


  • アプリ


  • メルマガ


  • LINE


  • instagram


  • 会員登録


  • 配送


  • 宅配クリーニング


  • 宅配買取














ピンク色の服は女性らしく華やかな雰囲気が魅力。しかし一方で、大人女子としては「雰囲気が甘くなりすぎる」という悩みも。ここではピンクコーデで甘さを抑えながら着こなすポイントや、大人女子におすすめの「アイテム別ピンクコーデ」24選をご紹介します。