FASHION MAGAZINE


映えるカラーで気分を明るく!
2020年夏のカラーコーデ







映えるカラーで気分を明るく! 2020年夏のカラーコーデ
映えるカラーで気分を明るく! 2020年夏のカラーコーデ


近年はニュアンスカラーの流行で、ベージュやエクリュなどの落ち着いたトーンのファッションが人気ですが、夏になるとカラフルな色を纏いたくなります。
そこで今回は、夏にぴったりのカラーコーデを大特集。
大人女子世代が着やすいカラーアイテムの取り入れ方や、配色のポイントをご紹介します。




2020年夏に着たい、大人のカラーコーデ






大人になるにつれて、ベーシックカラーばかりを着るようになったという方は多いはず。
カラフルなアイテムは難易度が高いように感じてしまいますが、取り入れ方によっては派手になることなく、洗練されたコーデになります。
さらに、心が開放的になる夏はカラフルコーデにぴったりな季節。いつもより少し大胆なコーデに挑戦してもOK! 大人のカラーコーデの作り方をcheck!


顔から遠い「ボトム」でカラーを取り入れる



顔回りに明るいカラーを取り入れると、普段とのギャップで少し抵抗を感じる人が多いよう。それなら、顔から遠いボトムで取り入れるのが◎。トップスを白や黒などのベーシックカラーにして、ボトムでカラフルカラーを取り入れれば簡単にカラーコーデの完成。バッグやシューズで中間色となるカラーをプラスすることで、トップスとボトムの色の差をなじませることができます。







「ワンピース」で一点投入



思い切って、カラーワンピースで色を一点投入するのもアリ。
華やかな雰囲気のワンピースは、あえてカジュアルな小物を合わせるのが今っぽい抜け感を作るコツ。フラットサンダルやカゴバッグなど、シンプルな構造のアイテムを合わせて。トレンドを重視するなら、スポーツサンダルやキャップなどを合わせるのも◎。
ハイヒールやチェーンバッグなどの小物は、トゥーマッチになりすぎるので避けるのがベター。






コンパクトなデザインならトップスでも◎



トップスで明るいカラーに挑戦したいのなら、コンパクトなデザインのアイテムを選ぶのがおすすめ。スリーブレスやジャストTシャツなど、面積が小さいものを選んで。
ボトムもカラフルなものを選択して、カラー×カラーの配色コーデに仕上げるのもおすすめ。トップスがコンパクトなので色同士が衝突することなく、夏っぽいカラフルなコーデが楽しめます。






流行りの「シースルー」で取り入れる



ピンクやイエロー、グリーンなど、スタイリングが難しいと思われがちなカラーでも、透け感のあるものなら色の存在感が下がるので、取り入れやすさがアップ。
シースルーはトレンドアイテムでもあるので、今っぽさも同時に手に入れられます。
大人がシースルーを取り入れるなら、セクシーになりすぎないよう注意するのもポイント。上品なブラウスやシャツなどを選ぶのがおすすめ。





【2020夏におすすめの配色カラーコーデ





カラーアイテムの取り入れ方を学んだら、次は配色コーデをcheck!
カラフルな色同士を組み合わせるだけで、ぐっとこなれ感がアップ。おしゃれ上級者の着こなしが叶います。
「夏らしい」「大人っぽい」という2つのテーマに沿って、2020年夏におすすめの配色コーデをご紹介します。


「オレンジ×ブルー」で夏のサンセットをイメージ



意外にも相性のいい「オレンジ×ブルー」のコンビ。オレンジは派手なイメージがありますが、ブルーで落ち着かせてくれるので大人でも取り入れやすいのが◎。
オレンジは夕暮れの太陽を、ブルーは美しい海を体現。まさに夏っぽい組み合わせで、大人の余裕を纏いながら着こなしたい組み合わせ。






「ブラウン×パープル」で大人の余裕と色気を



「ブラウン×パープル」も一見意外な組み合わせですが、実は相性抜群の配色コンビ。
艶やかなパープルのイメージを堅実なブラウンが落ち着かせてくれるので、不思議な魅力を持つコーデが完成。
大人の余裕と色気を纏って着こなしたい。






ネイビー×ライトブルー



配色コーデでワントーンに挑戦するのも◎。グラデーションになるようなイメージでネイビーとライトブルーを合わせて。落ち着いた雰囲気になるので、ちょっと上品にまとめたい日にもぴったり。夏のデートや女子会など、きれいめコーデがしたい日にもおすすめ。









ファッションでカラフルなアイテムを纏うと、気分まで明るくなって楽しい気分に。
夏の雰囲気にもマッチして季節感のあるおしゃれが楽しめます。
気分が落ち込みがちな今だからこそ、好きなファッションに身を包んで明るく過ごしましょう。