FASHION MAGAZINE


おうち時間&休日は
“大人カジュアル”に身を包んで。
レディースコーデ14選








おうち時間&休日は“大人カジュアル”に身を包んで。レディースコーデ14選
おうち時間&休日は“大人カジュアル”に身を包んで。レディースコーデ14選


おうち時間が増えていますが、気分を上げるためには、着心地のいいお気に入りの洋服がマストです。家の中でもお気に入りの服を纏えばモチベーションもアップ。
休日にぴったりの“大人カジュアル”なコーデは、リラックスしながら過ごしたい#STAYHOMEの時間にもぴったり。
今回は、休日にもおうち時間にもおすすめな、きれいめ大人カジュアルコーデをご紹介します。






#STAYHOME #休日に着たい。レディースカジュアルコーデ14選





ロングカーデを大人に纏う



家の中にいても少し肌寒いときや、ちょっと近場までお買い物に行くとき、サッと羽織れるのがうれしいロングカーディガン。インナーやボトムを選ばずにライトアウター感覚で着れるので大人カジュアルコーデの心強い相棒に。
トレンドに左右されない定番のアイテムですが、今っぽさをプラスするのならインナーにワンポイントを。ワンショルダートップスやタンクトップなど、ヌーディーに着れるアイテムを仕込むのがおすすめ。抜け感が出て今っぽい雰囲気に。







ワンピをあえて重ねて



1枚で着るのがスタンダードなワンピースを、あえてレイヤードスタイルにするのが大人カジュアルコーデで絶対に挑戦したいテクニックの1つ。
ロングワンピース×ワイドボトム、フレアワンピース×ニットベストなど、重ねて着ることでこなれ感がアップ。1枚で完結させない、上級者のバランスが叶います。
重ねる2つのアイテムの色トーンを合わせると、異なるアイテム同士のレイヤードが上手にまとまります。







ロゴTシャツを主役に抜擢



きれいめな無地Tは着慣れていても、カジュアルなロゴTは長らく着ていないという方も多いのでは? いつもの無地Tやブラウスをロゴ入りのTシャツに変えるだけで、一気にカジュアルムードがアップ。ボトムや小物もカジュアルなものにするとラフになりすぎてしまうので、あくまでロゴT以外はきれいめをキープさせるのがポイント。
オンモードのスカートにあえてロゴTを合わせるなど、“外し”を意識してスタイリングすると◎。







柄スカートで遊び心をプラス



思い切ったカラー×柄の主役級スカートも、休日やおうち時間でのカジュアルコーデでは挑戦しておきたいところ。無地のカットソーなどシンプルなアイテムと合わせると、柄の主張が抑えられて大人のカジュアルが決まります。カジュアルなトップス×華やかスカートの絶妙なバランス感を楽しんで。
あえてトップスをインするのではなく、裾を出してスカートに重ねて着るとこなれ感がアップ。







シャツ×タンクトップで流行りのバランスに



今季、シャツはコンサバに着るのではなく、ヘルシーに気崩すのがトレンドに。
タンクトップやキャミソールをインナーにして、あえてインナーを見せるように着るのも◎。ゆるく気崩すスタイリングは、気張らずにいたい大人の休日コーデにぴったり。
シャツとインナーがラフなぶん、ボトムはフルレングスを合わせてバランスを取るのがポイント。カジュアルだけでは終わらない大人のミックススタイルに。








大人のカラーワンピで気分アップ



楽に着たいけど、おしゃれに手を抜きたくない……そんな休日におすすめなのが、1枚で着るだけで華やかな雰囲気になるカラーワンピ。足首まで隠れるロング丈を選ぶのが今年っぽいシルエットを叶えるコツ。足元はローテクスニーカーやローヒールサンダルなど、頑張りすぎないシューズを合わせると◎。ほどよくカジュアルダウンされ、大人なスタイルに。上品なワンピを小物で外して休日のリラックスムードを演出して。








大人カジュアルに欠かせないデニムをアップデート



大人カジュアルコーデに欠かせないのが、デニムの存在。どんなアイテムと組み合わせてもOKな使いやすさは休日にも健在。毎年少しずつ流行りのシルエットが変わるので、今年ならではのシルエット・デザインにアップデートを。
フィットしすぎず緩すぎないテーパードデニムは使いやすさ抜群でマストハブの1本。
さらに今年っぽさを狙うなら、意外にも使いやすいブラックデニムを新調するのがおすすめ。









STAYHOMEの今だからこそ、おしゃれをして気分を上げて過ごしたいもの。
休日も外に出られずストレスも溜まりがちですが、お気に入りの洋服に袖を通せばモチベーションも高まります。ファッションの力で、今こそおしゃれを楽しみましょう。









大人レディースの休日カジュアルコーデを大特集! カジュアルだけどラフすぎない、大人ならではの“きちんと感”も忘れない、カジュアルをカッコよく決めるためのスタイリングポイントもご紹介。