Fashion Magazine vol.65
Fashion Magazine vol.65




「夏は暑いから」と、快適さ重視でオシャレが二の次になってしまう女性もいるのでは。

せっかく自由な通勤コーデが楽しめる夏、いつも同じようなコーデで過ごすなんてもったいない!
お気に入りアイテムでおしゃれなスタイリングで出社すれば、自信ややる気もアップして仕事への熱量も上がるはず。
夏ならではのおしゃれな通勤コーデで、お仕事の気分を高めましょう。







夏の通勤コーデ、おしゃれも快適さも
叶えるスタイリング術




トップスを選ばない
ホワイトパンツを颯爽とはきこなす



夏の日差しによく似合うホワイトのセンタープレスパンツ。
ゆとりのあるテーパードデザインなら、涼しくはけるのが◎。
トップスにブラックやネイビーを合わせればさらにコーデが引き締まり、知的な雰囲気に。
ピンクのブラウスをと合わせて、ピュアな柔らかさをプラスするのも素敵。








上品なスカートで、
いつもの通勤をもっと身軽に



ワザありデザインのスカートは、足元に軽やかな抜け感を生んでくれるもの。
エレガントな装いが気分なら、選ぶべきは大柄レースのタイトスカート。
甘すぎず辛すぎないレーススカートは、着回しやすい上に品よく着こなせるのが魅力。

いつもの通勤スタイルに遊び心をプラスしたい日には、異素材を取り合わせたアシンメトリーデザインのスカートをチョイスして。
柔らかなグレーのカーディガンを合わせれば、エレガントな着こなしに。








ボウタイ付きカットソーで
夏の首元をクールに



上品さをキープできるボウタイカットソーで通勤コーデを一新。
シャープな印象を与えてくれる細めのタイが、女っぷりをアップさせてくれます。
幾何プリントのカットソーならコーデもキリリと引き締まるもの。
ドットのように見えるレオパード柄は、ちょっと新鮮な着こなしをしたい日に最適。
ボウタイはしっかりと結ぶのではなく、軽く結んで垂らすくらいがベター。
肩の力が抜けたカジュアルな着こなしが、夏のオフィスカジュアルにぴったり。
周囲から認められるビジネスウーマンの風格もアップ。
裾は出したままでもタックインしてもバランスよく決まるから、さまざまな表情を楽しんで。








ハンサムなのに女らしい。
ギャップを効かせたパンツスタイル



カッコよさと女らしさを両立できるボトムは、通勤コーデのマストアイテム。
スッキリシルエットのガウチョパンツなら、きちんと見えるのに着心地も抜群。
ストレッチ性があるから、どんなシーンでも快適に着回し可能。
夏の通勤服は、ザブザブ洗ってもすぐに乾いてシワになりにくいアイテムが◎。
ウォッシャブル仕様のセンタープレスパンツは、忙しい女性の大きな味方になってくれるはず。








トレンドのサファリテイストで、
オフィスカジュアルに遊び心をプラス



出番の多いシンプルブラウスに飽きてきたら、この夏トレンドのサファリテイストブラウスを投入してみて。
カジュアルになりすぎないサファリ風ブラウスは、通勤スタイルにもぴったり。
ガウチョパンツに合わせればナチュラルなイメージに。
ロングフレアースカートに合わせれば甘辛MIXコーデも思いのまま。
ボトムスを選ばないから、自分らしい旬顔コーデが楽しめます。
キレイめデザインのサファリブラウスでオシャレ上級者を目指しましょう。








サマードレスで通勤すれば、
アフター6の予定にも◎



仕事終わりに女子会やデートの予定がある日は、ほんのり甘いサマードレスで出勤を。
ワンピースコーデは朝5秒で完成するのに、きちんと感もばっちり。
ウエストマークできるワンピースなら、着痩せ効果も得られます。
ブラックのワンピースには淡色のカーデを合わせれば、夏のモノトーンコーデに。
甘くなりすぎないよう、ヒール靴やクール系バッグを合わせてバランスよく着こなして。








どんなに暑くても、お仕事コーデは手を抜きたくないもの。
夏の通勤コーデは、きちんとしているけれどどこか遊び心も感じさせてくれる自由なスタイルに仕上げましょう。

















夏の通勤コーデをもっと自由に。暑くてもおしゃれを諦めない!