ワンピースで着痩せする!
スタイルアップが叶う、夏のワンピースコーデ



薄着になることが多い夏に気になるのは、やっぱりボディラインのこと。中には、「薄着の日はコーデで着痩せするのは難しい」とあきらめている方もいるかもしれません。でも、ディテールにこだわったワンピーススタイルなら、着痩せ効果抜群。大人っぽい可愛らしさとスラリとした着こなしを両立させてくれます。今回は、ワンピースで着痩せとオシャレを叶えるためのポイントをご紹介します。











【大人女子必見】
夏の着痩せは、ワンピースに頼るが勝ち!



1. ブラックでボディラインと女子感を引き締める


引き締め効果の高いブラックのワンピースは、着痩せ効果も抜群。ウエストリボンを絞れば、華奢見せしてくれることはもちろん、足長効果も◎リボンは大人女子世代だと避けがちなモチーフですが、ワンピース全体がブラックなので、幼さもグッと引き締まります。
スタイリッシュなワンピースは、大人のオフィスコーデにもオフの日にもヘビロテできる1枚になりそう。ブラックはあらゆるコーデを引き締めてくれる万能色。だからこそ「どんなアイテムを合わせよう」と考えるだけで楽しくなるもの。
ホワイトのハットやレッドのパンプスなど、キレイ色の小物で遊び心を演出してみて。







2. 足元ギリギリのロング丈ワンピースで、Iラインを強調


縦長シルエットを強調してくれる超ロング丈のワンピースは、着痩せコーデの王道アイテム。
ロング丈ワンピースは大きめを選ぶとダボッとした印象になりやすいので、ジャストサイズを選ぶのがポイント。シックな装いを楽しみたいのなら、アースカラーを取り入れるのが最適。テンションをアップさせたい日には、ギンガムチェックのフェミニンスタイルもおすすめ。前後で2WAYの着用ができるワンピースは夏の着回しの強い味方。こだわりデザインのワンピースをサラリと着こなして。



MAYSON GREY

2WAYマキシワンピース

¥14,040 (税込)









3. ストライプが持つ縦長のポテンシャルを活かす


縦のラインを強調するストライプのワンピースは、身に纏うだけで着痩せの効果が。縦に細く長く見せてくれるので、全身がスラッとした印象に。太いストライプはインパクトが強すぎるので、細いストライプを選ぶのがベター。ピンストライプやボーダーストライプでさりげない細見えを狙って。







4. 落ち感のあるプリーツスカートも着痩せに貢献


縦落ちシルエットでスリムに着こなせるのが嬉しい、プリーツスカート仕様のワンピース。
ウエストをしぼった分スカートにボリュームが出るので、メリハリのあるシルエットも思いのまま。キリリとしたイメージを演出してくれるブルー系のプリーツワンピースを選べば、さらにほっそりとスリムに見えやすくなります。ふとした仕草でゆらめくプリーツワンピースを身につけて、お嬢様風の装いを楽しみましょう。







5. トレンドの小花柄ワンピースで、愛されモードと着痩せを両立


身軽かつ華やかなワンピーススタイルに仕上げたいなら、手に入れるべきは愛されムード漂う小花柄ワンピース。体型や年齢を選ばず、爽やかかつ上品に着られる万能さが小花柄の魅力。主張しすぎない柄だから、着痩せしたい女性にもピッタリ。
ジョーゼットやアムンゼン、楊柳素材といった爽やかなアイテムで、盛夏でもスッキリとした着こなしを楽しんで。







6. ワンピースを羽織りで使うひらめき


いつものワンピースも、羽織りものとして使えばイメージ一新。前開きのスタイリッシュなワンピースは、シンプルな装いを格上げしてくれます。コーデに華やぎを添えてくれるキレイ色のワンピースを選んでふわりと羽織ってみましょう。
ロングの羽織りで縦長のIラインができるので、着痩せ感◎!ウエストラインや太ももなど、気になるボディラインも羽織りもののおかげでカバーできちゃいます。工夫をこらしたレイヤードスタイルで、マンネリ化しがちなワンピースの雰囲気をガラッと変えてみて。
使い勝手最強のワンピースは、夏コーデの強い味方。
ウエストを絞ったり、縦長ラインを強調したり……ワンピースならではの着痩せ効果を最大限に取り入れれば、夏のオシャレもグッと楽しくなるはず。
シルエットや素材感にこだわるのが、スラリとキレイなスタイルを作るためのポイント。
1枚でもレイヤードスタイルでもサマになるワンピースをワードローブに追加して、夏のコーデをランクアップさせてみてくださいね。










▼この記事を見ている人がよく見ている特集▼

薄着で過ごす夏はコーデで着痩せするのが難しい季節。でも、スタイリッシュなワンピースをコーデに取り入れればスラリとした着こなしも簡単に叶います。キレイなスタイルのワンピースを取り入れた着痩せコーデをチェックしてみましょう。