6月、梅雨どきの服装どうする?
雨の日でもおしゃれを楽しもう!



梅雨どきの6月は、ジメジメとした雨の日ばかり。
しかも、梅雨の時期は肌寒い日もあれば
真夏のように暑い日もあって服装が難しいもの。
毎日のコーディネートに悩まされ、
思わずテンションが下がってしまうという方もいるのでは?
この季節には、雨の湿気にもベタつかない
軽やかなアイテムをコーデに取り入れるのが正解。
スッキリしない梅雨気分を吹き飛ばすためにも、
お気に入りのアイテムを着回しておしゃれを楽しんでみて。
今回は、梅雨どきだからこそ取り入れたい、
爽やかコーディネート術をチェックしてみましょう。









梅雨のジメジメ気分を吹き飛ばす、
6月のおすすめコーデ5つ







1.サラサラカットソーで快適に


サラッとした手触りのトップスを取り入れるのは、梅雨どきの基本。軽やかな素材感にこだわってトップスを選べば、梅雨どきの不快感もグッと和らぐもの。この時期の服装選びのポイントは、十分な通気性を確保しつつシルエットもきれいであること。特に、落ち感のあるシンプルカットソーはヘビロテ確実。ブラックやネイビーのトップスはコーデの引き締めにひと役買ってくれるはず。「雨の日に白い服を着るのは勇気がいる、でも明るいカラーを身に着けたい!」そんなときにはベージュやライトグレーも試してみて。薄い生地の2枚重ねカットソーなら、この時期に気になる下着の透け防止もできます。








2.華やかカラーで気分を上げる


気分が沈みがちな梅雨どきには、パッと目を引くような華やかアイテムをチョイスして抜け感をプラスするのが◎トレンド感を意識したビビッドな色合いのカットソーなら、華やぎコーデもお手のもの。ベーシックなパンツや柔らか素材のスカートなど、ボトムス選びも楽しくなりそう。ゆったりカットソーの魅力はなんといってもその通気性。湿気たっぷりな雨の日でも、気温が上がって汗ばむ日でも、ベタつかずにサラリと着こなせます。



MAYSON GREY -socolla-

カノコヤッコプルオーバー

¥6,372(税込)






Droite lautreamont

プリーツカットソー

¥11,880(税込)











3.プリーツスカートでおしゃれに


きれいめデザインのプリーツスカートを履けば、おしゃれへのモチベーションがアップ。梅雨どきの憂鬱な気分も吹き飛んでしまうかも。おすすめは光沢とエアリー感を両立できる、シャンブレーやサテンのスカート。梅雨のジメジメにも夏の暑さにも負けない、すがすがしく軽やかなすそ揺れ感でフェミニンに。アシンメトリーな技ありデザインも、今年の気分にぴったり。デザイン性の高いスカートを合わせるだけで、普段とは一味違う新鮮味のあるスタイルの完成。シルエットがきれいだから、スタイルもよく見えるのがうれしいポイント。








4.テーパードパンツは頼れる味方


湿気の多い梅雨どきのパンツスタイルは、重たい雰囲気になってしまうのが悩ましいところ。爽やかなパンツスタイルを叶えたいのなら、ストレッチ素材のものをチョイスしてみて。どんなトップスにも合わせやすく、身軽に履きこなせるのがテーパードパンツの魅力。センタープレス入りのストレッチパンツなら、スタイリッシュな着こなしも思いのまま。「大人っぽく見せたい」「快適に過ごしたい」そんな願いもちゃんと叶えてくれる頼もしいアイテムです。








5. 仕事の日は機能性ショートジャケットで


ショートジャケットは、サラリとはおるだけで自分らしいスタイルを演出できる、存在感たっぷりのアイテム。デザインがキュートなら、雨の日のお出かけだってきっと心躍るひとときになるはず。ジャケットは鉄板アイテムだからこそ、流行のデザインに更新してみて。袖をロールアップすればシャツライクなカジュアルスタイルに。女性らしいイメージを狙いたい日にはウエストのドロストを絞って旬な着こなしに。お洗濯OKのジャケットを選べば、ザブザブ洗えていつでも快適。雨の日にも安心しておしゃれを楽しめます。









6. 技ありデザインのブルゾンで寒さ対策


夏が近づいているとはいえ、6月はまだまだ上着が欲しいシーズン。着脱が簡単でコーデのスパイスになる素敵なブルゾンが1枚あれば重宝します。技ありデザインの上品ブルゾンは、オンにもオフにも取り入れやすいアイテム。フロントやバックにゆったりとしたタックのある上着を少しオーバーサイズで着ればトレンド感もバッチリ。まるでシルクのような上品な手触りのブルゾンを、お気に入りの1着に加えてみて。

雨の日も晴れの日も、肌寒い日も汗ばむ日もある6月。季節の変わり目はコーデに悩まされがちですが、そんな時期だからこそ楽しめるオシャレもあるはず。
湿気を寄せつけないサラリとした着こなしは、梅雨どきの必須テクニック。明るい色合いの主役級アイテムを取り入れたり、はおりものを上手に使ったりと工夫すれば気持ちも明るくなるかも。素材感やサイズ感にこだわれば、雨の日だってすがすがしく過ごせること間違いなし!
服装を決めにくい6月には、コーデを引き立ててくれる優秀アイテムを素敵に着回して、オシャレを楽しんでみましょう。






▼この記事を見ている人がよく見ている特集▼
▼その他人気の特集▼
大人コーデは「カーディガン」があれば上手くいく!

6月は雨の日が多く、さらに肌寒い日や暑い日もあるなど服装に悩まされがちな季節。毎日を快適にすがすがしく過ごすにはどんなコーデを心がけるべき? この時期ならではのオシャレを楽しむポイントをおさえておきましょう。