適度におしゃれが楽しめるオフィスカジュアルの規定は、ファッション好きの女性にとってうれしいもの。

せっかく好きな洋服でコーディネートを楽しめるのなら、おしゃれさだけでなく着痩せも意識してスタイルアップも狙うのが◎

「年を重ねるごとに太りやすくなってきた」
「冬太りが解消できていない……」

このような女性こそ、薄着の季節に向けてオフィスカジュアルの着痩せ術をマスターしておきましょう。
働くアラサーの大人かっこいいをテーマに、賢い着痩せ術をご紹介します!

更新:2019/3/14

オフィスカジュアルで着痩せを叶える、大人コーデ術


ストライプ柄を味方にIラインで細見せを


ボーダーやドット、チェックなど、オフィスカジュアルスタイルのポイントとなってくれる柄物はいくつかありますが、中でも着痩せに効果的なのがストライプ柄。
縦のラインを強調してくれるので、ストライプ柄のアイテムを身に着けるだけでIラインができ、体全体が縦に細い印象に。

上半身を細く見せたいのならトップスに、下半身をすっきりと見せたいのならボトムにストライプ柄を取り入れて。上下のどちらか一方に柄物を取り入れることで、全身にメリハリをつけるのも着痩せのコツ。
着痩せストライプの幅が広いとかえって太く見えてしまうことがあるので、なるべく細い柄を選ぶことも忘れずに。色も引き締め効果のあるダークトーンが入っているとなお◎ モノトーンのマルチストライプや、ピンストライプなどがおすすめ。

きちんと感も手に入れる。ボウタイブラウスで上半身痩せ


オフィスカジュアルのスタイリングで忘れてはいけないのが、きちんと感をキープすること。肌見せが多かったり華美すぎたり、デニムパンツ主役だったりとカジュアルに転びすぎると、ビジネスの場とはミスマッチに。とくに大人世代に突入したアラサーOLなら、品の良さをしっかりと見せつけたいもの。

そこで活躍してくれるのが、きちんと感をしっかりと演出するボウタイブラウス。ネクタイを思わせるビジネスライクなデザインで、オフィスカジュアルのスタイルにぴったり。ボウタイの縦ラインによって、視覚的に上半身がすっきりと見える着痩せ効果も◎
ジャストサイズのブラウスを選べば、パンツでもスカートでもキレイめなコーデに。どんなアイテムでも合わせやすくTPO問わずに着られるユースフルさもうれしいポイント。
ハンサムなボウタイブラウスで憧れの先輩OLを目指して。

腰・お尻周りもカバーするロングカーデを上手に取り入れて


「腰回りについたお肉が気になる」「パンツをはくとお尻がパツパツ……」こんな困った女子共有の悩みをカバーしてくれるのがロングカーデ。ジャケットやアウターの代わりにさっと上から1枚羽織るだけで、腰やお尻の周りを徹底にカバー。ドロップショルダーやオーバーサイズのデザインを選べば、体全体を華奢に見せてくれるというメリットつき。

冬はコートの下に入れる防寒用として、春秋はライトアウターの代わりとして、夏はオフィスの冷房から体を守る羽織りものとして、オールシーズン活躍してくれるところもGOOD。シーンも問わずに着用できるので、1人1枚は絶対に持っておきたいマストハブアイテム。オフィスカジュアルスタイルの強い味方として取り入れて。いつでもサッと羽織れるよう、デスク下にこっそりと常備しておくのもおすすめ。

目立つ立派なふくらはぎには、ワイドパンツが◎


学生時代の運動部で鍛え上げた立派な足。卒業から何年も経っているのに、ふくらはぎの筋肉だけはなぜか落ちてくれない……このようにお悩みの方も多いのでは?
ぽっこりと張った太いふくらはぎをカバーするにはロングスカートなどが便利ですが、ふくらはぎを覆い隠すくらいのマキシ丈のスカートはオフィスカジュアルには不向き……。

そこでおすすめなのが、ふくらはぎも隠せてオフィスカジュアルにもぴったりのワイドパンツ。ウエストから下にいくほど裾が広がっていくデザインなので、ふんわりエアリーにふくらはぎをカバー。ハリのある生地を選べば動いているときも足のシルエットが浮きにくく、しっかりと太さがカバーできます。
裾に向かって広がりを見せるワイドなデザインは足を長く見せてくれる効果もあるので、スタイルアップも◎ 相乗効果を狙ってピンヒールを合わせることも忘れずに。

週3で取り入れたいVネックはマスト!


着痩せに加えて小顔効果、そして女性らしさもアップしてくれる優秀トップスVネック。ボトムはなんでも合わせられるので、Vネックトップスが1枚あれば週3回のヘビロテをしてもいいほど大活躍。

なるべくVのラインが深いデザインを選ぶと、首元・鎖骨・デコルテの3パーツがきれいに見えて、より着痩せ効果がアップ。ビジネスシーンでも許されるほどよい肌見せを狙って。とくに着回し力が高いのは、ブラック・グレー・ネイビー・ホワイト・ベージュの定番5カラー。しかし着痩せ効果を狙うなら、膨張色のホワイトやベージュを避けるのが正解。引き締めカラーのブラックやグレー、ネイビーを選んで。グレーでも明るいトーンだと膨張して見えることもあるので、チャコールグレーなどのダークトーンを選ぶのがポイント。

Vネックのトップスを着て首元をきれいに見せたら、腕まくりをして手首も一緒に見せると、華奢に見える効果がアップ。チェーンブレスなどをプラスすれば手元のオシャレも高まります。

テーパードパンツなら、センタープレスorタック入りをチョイス


ジャケット必須の商談や、カッチリとした装いに見せたいとき、履くだけでビジネスモードをONにしてくれるのがテーパードパンツ。働くアラサーのワードローブに必須のアイテムですが、着痩せを狙うなら選び方にポイントが。

テーパードパンツはトップスをインして着るのが主流なので、デザイン性を抑えたシンプルなものだと足のラインがしっかりと目立ってしまう傾向が。腰回りや下腹、太もも回りのラインがダイレクトに主張されてしまうので、着痩せどころか着ぶくれしてしまうことも。これを避けるためには、センタープレスorタック入りを選ぶのが◎ センタープレスの縦ラインは足を細く見せ、ウエスト部分のタックは腰回りや下腹のラインを目立たなくしてくれる効果が。下半身の印象にメリハリがついて、足全体のラインをカバーできます。

あわせてアンクル丈にこだわって選ぶと、足で一番細い部分の足首が協調でき、さらに脚痩せ効果が◎

みんなと同じようなコーディネートなのに、なぜか細く見える人。
体型は標準だろうに、どこか華奢な雰囲気に見える人。

このように痩せて華奢に見える人は、
視覚の誘導や肌見せのバランスによって
上手に着痩せテクを取り入れている上級者。

ただし、着痩せアイテムたちをゲットして
着こなしのテクニックをマスターすれば、
誰もが着痩せコーデは可能です。

洋服でキレイになることができれば、
明日のおしゃれへの活力へとつながるもの。
モチベーションが高くなって、仕事も楽しくなるかも……?

薄着の季節、春はもうすぐそこまでやってきています。
上手に体型カバーのコーデをマスターして、
ファッションをもっと楽しみましょう。


今時OLの通勤着ファッションといえば、オフィスカジュアル。通勤コーデで周りと差をつけるのなら、トレンドに加えてスタイルアップも狙いたいもの。上手に着痩せするスタイリング術を学んで、憧れ先輩OLコーデをマスターしましょう。