1~2月になると、ますます冬らしくなって気温も一気に落ち込みます。
日によっては最高気温が5℃、最低気温が0℃という極寒になることも……。
そんな日には絶対防寒の服装が欠かせませんが、やはりオシャレも忘れたくないのが女性心ですよね。
そこで今回は、冬の気温0℃・5℃・10℃を例に挙げて、それぞれの服装ポイントをご紹介します。



気温別「0℃」の服装ポイントって?



気温が0℃の日は、厚手のコートやニットがマスト。風が吹くと体感温度がもっと下がることもあるので、全身を洋服で覆い尽くすようにコーディネートを組むのがコツ。
とくにおすすめなのが、重ね着をしてもふんわりと軽く防寒性も100点のダウンジャケット。今季は丈が短めのダウンジャケットがトレンドなので、裾が腰まわりにかぶるくらいの丈感を意識すると◎ ダウンスタイルでもコーデが重くならず、軽やかな冬の防寒コーデが叶います。フードや襟がついているものだと首周りの防寒もできるので、可愛さと寒さ対策の両方が手に入ります。防寒のコツは3つの首といわれる「首」「手首」「足首」を隠すこと。タートルネックで首元をさらに温めると賢いオシャレコーデの完成です。

気温別「5℃」の服装ポイントって?



日中でも気温が5℃まで下がる日は、指先や足先が冷えてしまうほどに寒さを感じるもの。手袋やタイツ、厚手の靴下などの小物を取り入れて、なるべく肌の露出がないような服装を心がけるのが快適に過ごすポイントです。カラータイツやニットソックスなどを合わせれば全体の印象が軽くなって、防寒だけじゃないオシャレな着こなしに。大人になるにつれて遠ざかりがちな、ベレー帽で頭と耳の防寒に挑戦するのも◎ このシーズンならではオシャレが楽しめます。
風を通す服装だとより一層寒さを感じてしまうので、アウターにはインナーダウンや厚手のムートンコートを選ぶのがおすすめ。インナーには、タートルネックとVネックトップスの重ね着という今季ならではのスタイリングを取り入れて。

気温別「10℃」の服装ポイントって?



気温が10℃まで上がる日は、アウターを少し軽めにしてもOK。大人辛口コーデに必須のライダースジャケットやブルゾン、キレイめカジュアルに欠かせないトレンチコートなど、アウターの種類で遊びを取り入れて。動くたびにやわらかな表情を出してくれるニットガウンで軽やかさをプラスするのもおすすめです。
インナーにはやはりまだニットが必須ですが、素材や色で差をつけるのがオシャレ上級者。モヘアやシャギーなどの軽やかな素材で見た目も着心地も暖かさをキープ。ベビーピンクやラベンダー、ダスティーブルーなどのパステルカラーを取り入れて、春の予感を感じさせるのが◎ 
マフラーやストールの代わりに軽やかなストールを首にサッと巻くと、季節の先取りと防寒の両方が叶います。

防寒をしながらオシャレなスタイリングをするとなると、
つい頭を抱えがちですが、
レイヤードテクニックや小物の合わせ方、
アウターの選び方などに工夫をすると、
一気に垢抜けた印象へと昇格していきます。

冬の寒さは気分を暗く落ち込ませますが、
お気に入りの洋服を身にまとえば
明るい気持ちになっていきます。

オシャレを楽しんで、
冬の寒さを吹き飛ばしましょう。