日本には、ラ・エフの想いを
形にしてくれる人たちがいます
  • 着心地がいいこと。スタイルが良く見えること。
    上質であること。凛とした主張があること。
    コーディネートしやすいベーシックな存在であること。
    それでいてコンテンポラリーであること・・・・。

    ラ・エフは、いつも一着の服にたくさんの想いを込めています。
    デザイン(装飾)をできるだけ排除した、とてもシンプルな服だからこそ、
    素材の質感がほんの少し違うだけでも、パターンメイクが数ミリ違うだけでも、
    ラ・エフが目指す服には到達できません。
    そのこだわりは、まさにミクロの世界。
    目には見えないほどのこだわりだからこそ、
    作り手たちの技術力の高さが問われます。

    素材を作る人、糸を編む人、生地を縫う人・・・・。
    きれいな空気と水に恵まれた素晴らしい環境で、
    日本人同士だから通じ合える微妙なニュアンスまで受け取って、
    ラ・エフの想いを育てて形にしてくれる、たくさんの日本の作り手たち。
    そんな陰の功労者たちを皆様にご紹介したくて、
    このファクトリーブックを制作しました。
    シンプルな服が、どれだけ手をかけて大切に育てられているのか、
    作り手たちの匠の技をどうぞご覧ください。

有限会社
ファッション工房黒石

雪国に誰よりもミシンが好きな
社長がいます

青森県黒石市、冬は雪化粧に包まれる北国にある「ファッション工房黒石」は、
ワンランク上のシャツを専門に扱う縫製工場。
「ラ・エフといえばシャツ」「シャツといえばラ・エフ」という評判を
不動にした影の立役者です。フロアの中央では、数々の名だたるブランドから
一目置かれる縫製技術の持ち主、社長の渡辺さんがミシンを踏んでいます。
「社長だけど経営のことは二の次(笑)縫うのが好きだから、たくさんこなしたいの。
わたしの師匠は従業員。いろんな問題を問いかけてくれる度、相談しあってより良い技術を見つけられる。
縫い方はそれぞれ違うので、1人より2人、2人より3人・・・
お互い切磋琢磨すれば、もっといい工場になる。だからうちは風通しのいいワンフロアなんです。」

人の手の温もりの分だけ、
美しいシャツになる

フロアを見渡してみると、通常の縫製工場よりも何工程も多いことに気づきます。
例えばシャツの命といわれる襟やカフス部分の裁断。
型紙より大きめに粗裁ちし、軽く洗ってアイロンをかけてからカットします。
大きな手間ですが、後で洗うことにより生じる生地の歪みで、柄や布目がズレたり、
シルエットが崩れたりするのを事前に防ぐことができるのです。
また、襟の地縫いはパターンごとにゲージを作り、全製品のサイズがぴったり同じになるように気を配ります。
この作業が、細かくて美しいステッチワークにもつながります。
身頃と縫い合わせる前から襟だけをしゃんと立たせることができるのは、縫製の技術が高い証です。
工程の数々は、仕立てを重視するメンズシャツ以上の緻密さですが、
仕上がったシャツは、メンズにはない女性らしいふんわりとやさしい雰囲気が漂います。
これは、プレス加工技術のおかげ。その道約30年という熟練のプレス職人が、置いて吊るして、
様々な方法でとても丁寧にアイロンをかける様子はまさに匠の技。
数種類の仕上げ材を使い分けるのも、ここならでは。
「些細なところでも手間をかけ、コストをかけてでも、綺麗に仕上げたい」
そんな想いを込めて丁寧に作られたシャツは、キリッとしてしなやか。
他では決して生み出せない魅力を纏った一枚に仕上がるのです。

  • 裏側も美しいステッチが
    柔らかな雰囲気を作る

    ハッとするほどの、まっ直ぐで細やかなステッチ。
    裏側までもが美しい、その素晴らしさは非の打ち所がありません。
    この技術があるからこそ、素材感を最大限に生かしたシルエットメイク、
    ボタン位置にこだわった計算された襟の開き、さり気ない“今”らしさを演出する
    カフス幅・・・といった、ラ・エフのこだわりを実現。
    女性らしさを感じさせる一枚に仕上がります。

株式会社寺田ニット

富士山の麓にホールガーメントの
第一人者がいます

ホールガーメントは、ニットを筒状に編むことで、無縫製で仕上げることができる製法のこと。
ホールガーメント機が誕生したのは20年前。
約50年前からニット製造を行っていた「寺田ニット」の寺田社長は、いち早く取り入れました。
けれど、その機械を扱うのはとてつもなく難しかったそう。
「できるデザインと仕様に制約があって、思い通りに編みあがらない。99%が断念した中、
負けず嫌いの私は諦めなかった。使いこなせるまでに10年かかりました」
今やホールガーメントニットを作らせれば右に出る人はいない技術の持ち主です。
「大きな成果は小さな改善の積み重ね。ホールガーメントは試行錯誤すればするだけ、
今までにない製品を作れる。今後も無限に進化させますよ」

過保護な環境が、
柔らかな風合いのニットを生み出す

前身頃や後ろ身頃、袖などの各部位を編んでから各々を縫合する従来の製法と異なり、
ホールガーメントは一着丸ごと立体的に編み上げるので、体にフィットして縫い目のごわつきも感じない、
シャープで着心地のいいニットを生み出しすことができます。
けれど、機械に糸をセットしてスイッチを押せば編みあがるわけではありません。
どう編むかを機会に指示する設計図が必要です。
設計図の作成はコンピューター上で5,000にも及ぶ一目一目に手で指令を打っていく、
気の遠くなるような作業。要する時間は、1アイテムだけでなんと1週間。
時間も集中力も熟練の技術も要する工程こそが、「寺田ニット」のニット作りの中枢なのです。
精密なプログラミングが生み出す秀逸なフォルムだけではなく、
身に纏った時に思わず顔がほころぶ柔らかな風合いも「寺田ニット」の製法ならでは。
その秘密は製造工程の環境にあります。ホールガーメント機がズラリと並ぶフロアは、
静電気を起こしにくい室温25度、湿度50〜60%に365日間保持。イタリア製の最高級洗濯機で、
染色の際に使われた薬品を落とした後は、40度前後の温水でゆらゆらと少量ずつ泳がせてリラックス。
起毛加工を施す器具には無農薬で自家栽培した植物・チーゼルを使用。
人間にとっても健康的な環境が、料理でいう隠し味の役割に。
たっぷりの愛情こそが、幸せを感じる極上のニットを作り出すのです。

  • 感動すら覚える
    美しいフォルムと肌触り

    近くで見ても、遠くで見ても、触ってみても、とにかく素晴らしい。
    つかず離れずの、体のラインをきれいに見せる絶妙なシルエットは、
    ホールガーメントニットでしか実現できない美しさです。
    細部のさりげないデザインや着心地の良さまで
    ラ・エフのデザイナーが「寺田ニット」まで毎回足を運び、
    直に想いを伝えることで誕生する珠玉の一枚です。

光繊維株式会社

尾州山地にストレッチ素材作りの
プロがいます

愛知県の北西部に位置する尾州産地は、木曽川の豊かな水と温暖な濃尾平野に恵まれた織物の一大産地。
紡績、撚糸、染色、機織、仕上げ整理まで、様々な工程を行う企業がこの地に集まっています。
「光繊維」は、織物を企画・設計して、各工程の工場に伝える役割を担う会社。
特にラ・エフがパンツに使用する縦横ストレッチ素材を得意としています。
「こだわっているのはキックバック性。履いた時に伸びても、元に戻る力が強くないと美しいシルエットにはならないからね」
と社長の浅野さん。
「尾州のいいメンバーに恵まれているからいいものができる。同じ夢を見るのに一緒の列車に乗っていけるかが勝負です」

プロフェッショナルたちの
絶妙なリレーが、上質な織物を作る

様々な工程を担う企業が協業して一つの織物を作り上げるのが尾州産地の特徴。
「光繊維」のテキスタイルコーディネーター・戸松さんの想いが各工程へと託され、
想いを受け取った各プロフェッショナルたちは、自身の役割を全うするためにハイレベルな設備と技術で応じます。
機織りを担う「恒川織物」では、織るための経糸と緯糸の準備から開始。
経糸は一定の幅で平行に並べて整経機で巻くために、384品もの糸を一つひとつ手でセットします。
糸が切れた際につなぐのも人の手。白い糸を準備する際は、
埃や油が飛んで汚れてしまわないように隣の作業は停止します。
丁寧な準備が美しいし品づくりへとつながるのです。
完成した織物は、生地の肌触りや染色を担う、染色整理加工工場の「艶清興業」へと運ばれます。
織りあがったばかりで、ごわついた状態の生地をお湯に通して緩めたのち、
生地に付いている油や糊を洗剤で洗うことで、柔らかさやしなやかさを生み出します。
ウールの場合は、ロールとロールの間に挟んで揉みながら洗うことでウール独特の膨らみを引き出します。
その後、様々な薬品で風合いを調整したり、蒸気で蒸したり、
起毛させたりとアイテムごとに様々な工程を経てふんわりと滑らかで落ち感のある、肌触りのいい生地が完成。
たくさんのプロフェッショナルたちの「いいものを作る」という共通の想いが、結実した瞬間です。

  • 密度が濃くてしなやか
    幸福を誘う生地

    糸の太さ、撚り、密度、整理、様々な技術が結集しているからこそ完成する
    独特のぬるみは、どの工程の優れた技術が欠けてもなし得ない
    奇跡ともいえる肌触り。少しのストレスも感じずに履くことができ、
    心地よく美しく足元にフィットし、ちょっとした動作も妨げない。
    機能性にも優れたラ・エフ自慢のパンツ素材です。

ホーセン有限会社

能登半島にアイデアを次々と
形にする社長がいます

潮風が届くのどかな風景に溶け込むように佇む「ホーセン」は、
30年来JAVA Groupのパンツ縫製を一手に担う工場。
もちろん、ラ・エフのデビュー当時から担当。
“ラ・エフらしさ”を熟知している頼もしいパートナーです。
2代目社長の下出さんは理工学部卒業の異業種出身。
工場を継いだ当初は、縫製の右も左もわからなかったといいます。
「寝る間も惜しんでミシンをさわり技術を習得しました。そうすると機械の問題点がわかってくる。
“この方が便利なのに”と思うことは、自分でどんどん改良しました。
縫製出身じゃないからこそ、業界では当たり前だと思われていたことにも疑問を持てたんでしょうね」

特許級のアイデアを散りばめ、
クオリティを向上

工場に入ると、まず目に入るのがプロも顔負けの工具類の数々。
「あれもこれもできるミシンはあるけれど、人の手に勝るものはない」と、
人が縫いやすいことを優先し、社長自ら工具を駆使してミシンをアレンジ。
各工程に特化させるので、同じミシンは一つもないそう。もちろん世界中を探しても唯一です。
ほか、ミシン台に付属の丸椅子ではなく座り心地の良い椅子を用意したり、
机の前に布を垂らして足元を隠し、スカートをはく女性に配慮したり、
目が疲れない照明を取り入れたり、室温を快適に保ったり・・・。
手仕事を大切にしているからこそ、スタッフへの細やかな配慮が、クオリティの向上につながるのです。
手仕事の最もたる工程が生地の裁断です。ラ・エフのパンツはストレッチ素材が主。
ちょっとした負荷で伸縮するので、仕上げのプレス加工でサイズが変わってしまわないように、
予め生地にプレスをかけてどれくらい縮むのかを計ってから、再度パターンを引き直し一枚ずつ裁断します。
膨大な量ですが、機械に任せないことで、生地の機械に応じた最適なサイズを導き出すことができるのです。
一方、ダーツや玉縁、ベルト通しなど、機会に任せた方が正確な場合は、特注してでも優れた機械の手入や改良に力を注ぎます。
この適材適所の対応が、どんな女性にもフィットする計算されたフォルムを実現できるのです。

  • ミリ単位のサイズ違いを
    正確に実現

    履き心地はもちろん、シーズンに合わせて快適さを追求した
    ラ・エフのパンツ素材は、伸縮性に富み、裁断や縫製に高い技術を要します。
    1アイテムで5サイズ展開と、ミリ単位違いの、見た目にはまるで変わらない
    パターンへの対応も、生地の特性を熟知しているからこそ。
    すっきりシルエットなのに締め付けないラ・エフらしいパンツは、
    丁寧な手仕事により生まれるのです。

作り手たちに託す
ラ・エフからの想い

シンプルだけどこだわりのある、大人の女性のハイレベルなスタンダードウエアを目指して。
私たちラ・エフの企画チームは、細部のシルエットやマテリアルの追求を常に模索し、
スタイルのある大人の女性に愛される服つくりを考えています。
ここから日本中の作り手たちへ。一着一着のストーリーが紡がれていきます。

Shirt

スペシャリストであるために

「シャツのスペシャリストになろう」ラ・エフはそこからスタートしました。
以来、デザインを排除したベーシックなシャツに、いかに機能性を持たせるか、
いかに女性らしさを表現するか、いかにスタイリッシュに魅せるのか・・・。
四六時中模索を続けています。そのひとつが「襟」と「前立て」への飽くなき探求。
特に顔周りに一番近い襟は、毎シーズン細部に至るまでこだわりを忘れません。
例えば襟の立ち具合。半分だけ襟を立たせることで、ハードになりすぎずに胸元のVラインが深まり、
小顔に見せる効果が。芯には、メンズシャツのような凛々しさと、レディースらしい柔らかさを両立させる、
絶妙なしなやかさとハリ感のある素材をチョイス。襟先の開きは広すぎず狭すぎないセミワイドスプレッド。
ニットのインでも品格のあるさりげない決まり感とヌケ感を演出できます。

  • Knit

    主張せずとも
    美しいニットを目指して

    素材を活かした、あくまでシンプルなデザイン。それでいて、女性らしい柔らかさと品を備えていて、体に心地いいゆとりがある。時代にフィットしたこなれ感を醸し出し、ラ・エフのシャツやパンツとコーディネートしたときのバランスまで配慮。いろんな長所を兼ね備えているのに、決して単独で目立つことはない。ラ・エフが目指すのは、そんな奥ゆかしさのあるニットです。中でも、一番のこだわるのが素材選び。光沢感、編地の出方、程よい落ち感、肌触り、トレンド・・・・。こだわる部分は、あげ出したらキリがないほど。色の選択もその一つ。200色のカラーバリエがある糸でも、顔映りやコーディネートした時の見え方まで考え、ラ・エフのこだわりのカラーで染め上げます。シンプルなデザインだからこそ、選び抜いた色が映えて美しさが際立ちます。

  • Pants

    ノンストレスな
    素材・パターンを追究

    座ったり立ったり歩いたりちいった、ちょっとした動作でもストレスを感じないこと、スタイルも良く見えること。
    働く女性たちに心地よく美しくフィットする、そんなパンツ作りがラ・エフの永遠の課題です。素材は、縦方向により強い伸縮性のある、肌触りのいいストレッチ素材を採用。センタープレスを入れることで、きちんと感を出し、縦長シルエットを実現しています。パターンメイクにも細やかな配慮を怠りません。屈伸したときでもヒップがホールドされ、それでいて立った時にたるみが生じない絶妙な深さとカーブを追究。楽なフィッティングを実現しつつ、足首に向かってシェイプさせることで、すっきりとした着こなしとコンテンポラリーなヌケ感を同居させています。ジャストなサイズをはく気持ち良さを体感してもらいたいから、サイズ展開も豊富です。

  • 自分らしさを表現できるこだわりの服を着ていたい。
    背筋を伸ばし、いつでも自信を持った女性でありたい。
    着心地や機能にこだわったファッションで毎日をストレスなく過ごしたい。

    そんな女性に向けて2002年にスタートした、
    ラ・エフは今年15周年を迎えました。
    ラ・エフの服作りは、シルエットとマテリアル、
    高い縫製技術の一体感によって実現します。
    今回、このファクトリーブックを制作して、
    改めて私たちの想いを形にして頂いている素材メーカー、
    縫製工場、ニットメーカーの方々の力と強い想いを感じました。

    ラ・エフの商品に携わっていただいているすべての方と、
    ラ・エフの服を選んでいただいたすべての方に感謝と愛を込めて。

    ラ・エフ 企画一同

la.f... × Factory Bookのページです。ファッション通販のJ Lounge。株式会社ジャヴァコーポレーション直営のオンラインショッピングサイトです。

PAGE TOP